La vie en rose

La vie en rose 魂の叫び

母であり、娘であり、ときには女だったりするアラフィフの毎日を人生を楽しむ!

☆簡単ではない日々を乗り越えていくための、あたしのためのあしたの星占い☆それは筋トレ☆

日曜日。
ゴタゴタの一部が片付いて、少し安心できるかも。選択と集中。



月曜日。
誰かから素敵なものを託されるかも。
信頼の証。自身の源。



火曜日。
強く求めることで手に入るものがあるかも。
「言わないとわからないこと」を伝えられる。



水曜日。
少し前に仕込んでいたことがすうっと起動して、それに乗っていく、みたいな気持ちの良さがあるかも。



木曜日。
大きな流れにどーんと乗っていく感じの日。
でかいのに速い。



金曜日。
さらっと実利を発揮できる感じの日。
自分の成果で人をびっくりさせるような。



土曜日。
大転換、勇気、大胆。
前進、インパクト。




ある一週間の
あたしの星占い



土曜日になると
翌週の週報が発表になる



来週のあたしに起こりそうなこと
来週のあたしがドキドキしそうなこと
来週のあたしをワクワクさせること



これが占い?
これって占い?
これぞ占い?



◯◯が起こるから
何々しなさい



読むと不安になるのが占い
悪いことは忘れられなくなるのが占い
どこかジャッジされる気分になるのが占い



そんな占いは苦手なあたしだった
だから占いは嫌いなあたしだった



この筋トレに出逢うまでは。



◇◆◆◇



石井ゆかりさんの
筋トレと出逢ってから



かれこれ15年以上は経つだろうか



星座で自分をジャッジされるような
少しでも悪いことがかいてあると不安を掻き立てられるような



そんな占いが苦手なあたしが
今もなお毎日読み続けているのは何故だろう


起こった出来事はすべて、
私の人生の一部です。

毎日の暮らしに、問答無用に「いい日」と「悪い日」があるとは、あまり感じないのです。

石井ゆかり



あぁ
だからなんだ


どんな事も
どんな日も


何があっても
何も無くても


全ての日が自分の一部と考え
全ての日を愛してるであろう


そんなゆかりさんの占いだから
あたしは今まで読み続けて来たのだろう



◇◆◆◇



誰にも全ての人に
平等にある時間


面白くて可笑しい楽しい一日もあれば

悲しくて遣る瀬無くて辛い一日もある


それでも
しんどくて辛い日を辞めることは出来ないし


楽しくて笑うことばかりの日だけを過ごすことなんて不可能だ



雨の日も、風の日も、
それぞれに自分で生きていくしかない、大事な日です。



◇◆◆◇




毎日の占いはどのように生まれるのか

毎日の占いをより理解したいと思って



月で読む
あしたの星占いを読んでみた

月で読む あしたの星占い(すみれ書房)

月で読む あしたの星占い(すみれ書房)



ゆかりさんの星占いには
アドバイス的なことは一切書かれてはいない



【星占いのなかに描かれている世界は、
『だれのせいか』を問うていない】


子どもに良くないことが起こったとき
それが何であれ全て自分のせいだ
と考えて自分を責めてきたあたし



身の回りで宜しくないことが起こると
私が欲深いせいだからかな
と考えてしまうあたし



色んな出来事を自分勝手に
結びつけて責任の在り処を
探したくなるあたし



そんなあたしが
唯一楽しみながら
自分で考えることができる占い


自分のせいでも
人のせいでもない



だれのせいでもないから
そこにアドバイスはなく
その出来事の意味を自分で考えて
自分で答えを出すことができる占い



なかでも
一年の流れを読んでいる年報は秀逸だ



後になって読み返してみると
驚くことがたくさんある



こちらに2002年からの年間空模様が
まだ残っているので
お時間のある方は是非☆



あたしは人生の振り返りに使っている




◇◆◆◇



心配性のあたしは
誰かに何かを指摘されたり
今日の占いで良くない事があるなんて
言われた日には


頭の中はそればかりになってしまう



そして
本当に何か良くない事が
起こりそうな気になって



その事ばかり気になって



結果
何か良くない事を
自ら引き寄せていたりする



石井ゆかりさんの筋トレは
そんな占いとは違うんだよ


占いを信じないあたしが
読んでいる星占い☆筋トレ



↑ はてなブログでは週報を書いてくださってるなっし♪


もうすぐピンクなリボンの季節がやってくる。私にもあなたにも大切なおっぱいの話。そしてフラメンコ。

lunaさん
ことしも合格ですよ
なんにも問題ありませんでしたよ



ココリコ田中氏をさらに優しくした雰囲気のDr.が、今年も笑顔で合格点をくれた💮



この言葉を聞きたくて
わたしはここへやってきた


よかった


この言葉が聞きたくて
年に一度必ず
わたしはここで
マンマ検診を受けている



生検の結果が悪いものでは無いとわかってからも数年の間は半年に一度の検診を受けていた



一年に一度の検診で大丈夫でしょうと言われて数年が経ってからは


検査を受けるのを忘れないようにと
自分の誕生月に検診を受ける事にした



誕生日は産んでくれた親に感謝する日だなんて言うけれど


50歳を過ぎてからは
この歳まで無事に生きてこられた事への感謝の日だと思うようにもなってきた



そんな意味も込めての
自分の誕生月の検診だ



芸能人著名人が闘病中のニュースが続くと、3ヶ月前でも検査予約は難しくなる



有名人だからと自分のプライベートを晒されるなんてたまったもんじゃないだろうなと思う反面



それが検査推奨の啓蒙活動へと繋がっているのは事実なのかもしれないね



二人の子ども合わせて約五年間
完全母乳で育てた私は、授乳中はまるで自分が大きな大きなミルク工場にでもなってしまったのかと思うほどだった



出産後の健診時には
ベイビーの体重増加ナーバーワンで
おっぱいを褒められた



lunaさんのおっぱいすごいです!



どんなに眠れなくても
身体がくたくたでも
誰にも説明できない
授乳時のあの多幸感



そして
私のおっぱいのみで
こどもが生きているという不思議



この世の中の多くのひとは
ママのおっぱいで
大きくなったんだね





この5年ほどの間に
学生時代の同級生や友だちの先輩や友人


妹の友達など
何人もの方が亡くなったことを耳にした


乳がんだ



今の時代
がんは治癒する病気だけれど
私の優しい主治医によると
40代女性の死亡原因第一位は乳がんだという



でも、乳がんは早期発見できると
高い確率で治癒する病気と言われている



その早期発見のきっかけは
痛い採血や検査などではなく
自分で行うセルフチェックで見つかることが6割とも言われている



お風呂場だったり
夜お布団に入ってからだったり
自分の身体を労わる気持ちで



自分のおっぱいに感謝しながら
セルフチェックをすること



それは簡単なようで
なかなか続かないのは
私もよーくわかってる





今から30年程前に知り合った
私より少し年上の女性がいる



姉御肌でかっこいいSさんは
その頃から一般人とは思えないオーラ漂う女性だった



MALICE MIZERを思い出しそうな爪をして
冬にはステキな帽子を被り
いつもロングスカートを身に纏い
長い真っ黒の髪を揺らしながら
背筋をシャキッと伸ばして歩く姿が印象的だった



私達が知り合って間もない頃
Sさんが突然とフラメンコのお稽古を始めたのだ


はじめての発表会はよく覚えている


新人で初舞台のSさんは
新人とは思えない存在感で
およそ新人離れした堂々とした踊りを披露した



その後、私とSさんは住む所を転々とすることになり会うことはなくなったけど



二人の間の糸は細いながらも
切れることがなく今も繋がっている



今はもう生徒ではなく、プロのフラメンコ講師でありダンサーのSさんから時々LIVEのご案内が届くようになった






久しぶりにライブを観に行く事になった数年前、Sさんが大病をしていたことを知る



その昔にも、ある大病を克服されていたことを思い出した私は愕然とした



でも

Sさんはとても元気だと言う

私は何も変わってないと言う

私は全然大丈夫だよーと言う



そしてSさんは言った


私、おっぱいを再建したの!





フラメンコLIVEはスペインバルのステージで行われることが多い



間近に見る
迫力たっぷりのフラメンコは



衝撃的で
感動的で
官能的で
圧倒的だ



私はいつも思うんだ



Sさんのその底知れぬパワーは
一体どこからわいてくるのだろう



Sさんのそのエネルギーは
一体どこへと向かっているのだろう



おっぱい再建後のステージは



心に秘めた何かを放出させるような
心に燻る何かを吐き出すかのような
心からの悦びを撒き散らすみたいに



汗と一緒に
キラキラのオーラが舞っていた



Sさんのステージを観た私は

自分が思い悩んでいる事の小ささに呆れ

自分が考えている事がアホらしいことに気付くんだ


人間の身体は
強くて
素晴らしくて
美しくて
その可能性は無限大だ





Dr.は、私のマンマの検査をしながら悲しそうに話し始めた



残念ながら乳がんで亡くなってしまった方は、検診を行わず気付いた時には手遅れになっている方が多いんだよ



閉経前と閉経後
出産経験者と出産未経験者などなど
その罹患率は統計学的に色々言われてるけれど


それは違うとDr.は言う


自分の身体だからね
統計学的にどうとかではないよ
誰もが罹患する可能性はあるよ

だからこその検診が重要だよね



この記事を読んで
嫌な気持ちになった方がいたら
本当にごめんなさい



でも私は書かずにはいられなかった



私が一年を無事に過ごせたことへの感謝と


私がまた新しい一年を始められそうなことへの感謝と


私にできることは
みなに声をかけること



ねぇ
乳がん検診へ行こうよ!





フラメンコステージが終わると
客席まで来てくれたSさんとハグをした



良かった…
良かったよ…


フラメンコも…
おっぱいのことも…
本当に良かった…



ハグを交わしたときに
私のおっぱいに
Sさんの柔らかなおっぱいを感じた



一瞬驚いてしまった私を見たSさんは
私の手をぐいと掴んで言った



ほら
触ってみて


そこには
Sさんの柔らかくて大きなおっぱいがあった


左右どちらのおっぱいが本当のおっぱいなのかわからなかった


Sさんのおっぱいはとっても美しかった





体調崩し気味の私の今週末の予定は
スペインから戻ったばかりのSさんのフラメンコLIVEだ



Sさんになぜ早期発見ができたかどうか聞いたことがあった



なんとなく触れたむねに
何かこれは違うという感触があったそうだ



何か違う



いつもと違う感覚が
命を守ることになる



わたしのおっぱい
あなたのおっぱい
あなたの大切なあのひとのおっぱい



わたしのおっぱい


それは
わたしの身体の一部であって


それは
わたしそのものだ



いつまでも
おっぱいと一緒にいられるように


いつまでも元気でいるために


ねぇ
乳がん検診に行こうよ!




2019年は10月20日の日曜日に
乳がん検査が受けられる日です☆

受診可能な病院はこちらからどうぞ


男の方も奥様やパートナーの方へ
どうぞ声かけを


あなたと
あなたの大切なひとのために


一年に一度でいい

乳がん検診に行こうよ!


君さえ笑ってくれるなら…

より多くの人を喜ばせたい?



より多くの人に喜ばれたい?



より多くの人と喜び合いたいの?




ねぇ
ふなっしーは、どう思う?




君さえ笑ってくれるならば
どんなにも高く跳べるなっしー♪





君さえ笑ってくれるなら



通天閣までは跳べるなっしー!



どんなに汚れてしまったっても
君さえ笑えばいいなっしー♪
君が悲しんでいる時は
すぐ笑顔にさせるなっしー♪
ふなっしー



君さえ笑ってくれるなら



あの空の向こうまでも跳んでみせる


これからみんなのブログにも跳んでいくなっしー♪

昔むかしあるところに、若くはないけどコクがあるあの人とONCE UPON A TIME IN…HOLLYWOODのあの人がおりましたとさ。

この年齢になってわかったことは
おばさんって大胆になれるって事



恥ずかしくてとても言えなかったことや
小心者だからとても聴けなかったことや
本当は聞きたくても聞けなかったことが



年齢を重ねると共に平気になってくるぅぅーー逆にね



だからあの日
少し緊張したけれど
話しかけることが出来たんだ



だって仕方ないよね
向こうから満面の笑みで
声をかけられちゃったらね



こんにちは〜(o^^o))^o^((o^^o)〜



◇◆◆◇



私に満面の笑みで声をかけた後
私の右隣の座席にと座ったのは
40代と思しき中性的男子だった
(ミッチーは男性の事は年齢に関わらず男子と呼ぶの)



にっこりと私に微笑んだその男子は
持ってきた大きな鞄を座席下に置き
徐に扇子を仰ぎ始めたよ



その扇子からは隣の私にも
やわらかな風がふいてくる



ショー開演までまだ少し時間がある
私は思い切って彼に話しかけてみた



「ミッチーのどこが好きなんですか?」



◇◆◆◇



少し前から心待ちにしていた
あの二人の映画を観てきたよ☆



かつて愛くるしい男子だった
レオナルド・ディカプリオ



いつのまにか素敵に大人になっていた
ブラッド・ピッド



大物二人によるダブル主演映画


ふなっしーは出てないなっしー!




私にしては珍しく何の事前情報もなく映画を観たのだけど…



その結果…



あれ…あれれれ…



…長い映画だったのだけど
珍しく眠くならず集中して観れたのに…



???少し混乱???



映画館を出てすぐさま夫に聞いてみた
夫は頭も良いし、悔しいけど私よりずっと理解力があるからね



まず開口一番こう言った



おまえバ◯なの?
何も下調べなく観たわけ?
ほんっとに◯カだなぁー嘲笑



夫はいつものように私に向かって
バ◯を連呼しながらも
呆れながらも説明してくれた



1969年のあの日
劇中ではヒッピーとなってたけど、カルト集団指導者の信奉者に女優が惨殺されたシャロン・テート殺害事件ってのが本当にあったんだよ
(…実際にあった事件なんだ…)



ほら、あそこに引っ越してきたという設定の映画監督と若い女優がいただろ
(あぁ、あの若くて物凄い綺麗な女優さん…)



そこの場所に以前住んでいた人と間違えられて殺されたのが、女優シャロン・テート
(えー?!ほんとは殺されたんだ…)



ほかにも色んなエピソードを織り込みながら当時のハリウッドを描いてるんだよ
ブルース・リーとかスティーヴ・マックィーンも出てたしね
(ブルース・リーってちょっと…な感じの人だったなぁ…)



まぁ、あの監督は、あの女優だった奥さんのこと、本当に好きだったってことなんじゃないの
(え。そんなことわかったんだ…。)



◇◆◆◇



映画については公式サイトをどうぞ


私、あのイタリア行きを勧めてたひと知ってる気がするんだ
何の映画に出てたっけ…



おまえ、本当にバ◯だな!
あれは、アル・パチーノだろ!!!
おまえ、気付かなかったのか!!!



私は夫に言った



私、もう一回観てきた方が良さそうだね…



ふんっ
そうだね 呆



夫はため息といっしょに
タバコの煙を吐き出した



◇◆◆◇



「ミッチーのどこが好きなんですか?」



隣に座っている見知らぬおばさんから
突然と声をかけられた40代男子 笑



私を見て一瞬驚いた表情を見せたものの
直ぐにまた最初の笑顔に戻って教えてくれた



『顔!顔が好きなんです!
もうね、毎日自分の顔を鏡で見てがっかりするんですよぉ。
あー、僕の顔がミッチーの顔だったら…ってね♡♡♡』



うっとりしながら話すその男性をみて
私はただただ頷くだけだった



そ…そうですか…苦笑
綺麗ですからね、ミッチーは…
(彼はミッチーには似ていなかったけれど、一般的な年齢相応の優しそうな方でしたよ)



その後も色々話してくれた事を簡単に纏めてみるなっし♪



・かれこれ15年以上ワンマンショーに参加し続けてきたこと

・ミッチーにハグしてもらったことがあること

・ミッチーはとても良い匂いだったこと

・ミッチーを好きで毎日がとてもとても楽しいこと



ミッチーは老若男女問わず皆を虜にして
皆を幸せにしてることがよーくわかった



ショーの間は隣で弾けてるのを肌で感じ
終演後は御礼を言い合ってさよならした



そんな事があったこの日のショーが
つい先日WOWOWで放送されたよ



それにあたりミッチーからWOWOW放送を告知する連絡が来たの 笑



40代の最後を飾る!

若くはないけど、コクがある!

わかってらっしゃる、ありがとう!




◇◆◆◇





超絶人気者のこの2人の共演は
なんとこの映画が初めだというから驚いてしまう



レオ様については先日こんな記事を書いた



実をいうとブラピについては
物凄い人気があった若い頃は
全然興味が無かったんだよね



それでも次男が大好きだと叫ぶ映画
ベンジャミン・バトン 数奇な人生や



私が一番好きな映画とも言える
オーシャンズシリーズのブラピは
とにかく文句無しにカッコいい!



でも…


でもね…


今回ほど
ブラピがカッコいいって思ったことがなかったよ…



この映画のブラピが
一番カッコいいなと思ったよ…



今までで一番若くないブラピなのにだよ…



私よりも歳上の1963年生まれなのにだよ…



顔には年齢相応の皺がたくさん刻まれているのにだよ…



歳を取ってますますロバート・レッドフォードに似てきたよ…



でもね
スタントマンという役作りのためか
ただ鍛えているのかは知らないけど



若くないのにカッコいい

若くないのに素敵なんだ



若ければ若いほど良いの?

心の何処かでそんな声もする



でも違う



顔に刻まれた深い皺も
髪に混じる白いものも
哀愁漂う背中からも



若いときのブラピにはなかった

【コク】が出ていたんだ



私が
何の心の準備もしていないのに
屋根に登っていたブラピが
着ていたシャツを脱ぎ捨てた



とても今年56歳とは思えない身体に
私はまじまじと見入ってしまったよ…
食い入るように画面を見ちゃったよ…



後ろから抱きついてみたい…
正直そんな妄想までしたことを
ここで白状するね…汗



これから観る方は
心の準備をして、とくとご覧あそばせ♡
私はこの場面が一番の見どころかと…
(見どころは全然違うなっしー!)


若くないけど、コクがあるなっし!



◇◆◆◇



今や昔となった
1969年を描いた映画



大人たちのあらゆる価値観に反抗する若者たちが多くいた対抗文化カウンター・カルチャーと呼ばれた時代



映画は、レオ様扮するもはや賞味期限が過ぎた俳優リックと、ブラピ演ずるリックのスタントマンのクリフの二人が中心になってすすんでゆく



思うようにならない自分にイライラして自分に振り回されるリック



そんなリックとは違い、マイペースで自分の今いる状況を居場所を受け入れ、淡々とだけど心穏やかに生きているクリフのコンビネーションが絶妙だった



ひとりの男の表と裏



そうブラピが表現していたけれど
ブラピの役が謎で少し怖いながら、とても魅力的で完全にレオ様を喰っていたように思う

約ひとまわり年齢が違うなっし♪



劇中に描かれている、期待どおりにいかないことへのフラストレーションを抱くことがあるか?と聞かれたブラピはこう答えている



もちろん、常に葛藤はあるよ。
自信のなさをコントロールしなきゃいけない、
事実を受け入れなきゃいけないとか。
自分たちがやったことの結果に意味を求めることは大きな過ちだ。
そうではなくて、

一日の過ごし方に意味を求めるべきだ。
最終的にはそこにいきつくと思う。



◇◆◆◇



ワンス・アポン・ア・タイム…

昔むかしあるところに
昔はたいそう若かったlunaという専業主婦がおりました。



華やかな仕事

華やかな人生

華やかな生涯



lunaは、そんな世界とは全く無縁のごくごくありふれた専業主婦でした。



少々せっかちすぎるlunaは、何でもすぐに結果が出ないと不安になるし、自分がやったことの結果にすぐに意味を求めようとするところがありました。



でも、この映画を観て、大切なのは一日の過ごし方に意味を求めることだと気付いたのです。



今の状況を受け入れて
今の目の前にあることに感謝をして
今日一日を淡々と
しっかりと過ごすことだと
映画を観て気付いたのです。



それが出来るようになったら、もう若くはないlunaにもコクが出るのかもしれないと。



そして、lunaはいつまでも幸せに暮らしましたとさ。


Happily ever after.



まぁ、lunaママはコクよりアクがたっぷりだから、その後幸せに暮らせるかどうかはまた別の話なしな♪

【PayPay生活1ヶ月の考察】そして【お金について考える】の巻。

一体、お金って何だろう?


お金から自由になるために働こう。
堀江貴文

貧乏人は安いものが好きだ。
そして、金持ちは貧乏人よりも
さらに安いものが好きだ。
だからこそ、金持ちになったのだ。
松本清(マツモトキヨシ創業者)

金銭は独立の基本なり、
これを卑しむべからず。
福沢諭吉

宵越しの金は持っちゃいけないんだって。
だから使うんだ。
若い頃のluna夫

迷ったら高い方を買って
ちっさな経済を回そう。
luna &アグレッシ部の仲間



でも一体、お金って何だろう?



◇◆◆◇



遅ればせながら
私がPayPayデビューしたのは1ヶ月ほど前のこと



SoftBankユーザーであり
yahoo!プレミアム会員なのに
やらない理由はないでしょと
妹に言われたから



やってみての感想?
それはやっぱり



一体、お金って何だろう?



◇◆◆◇



ところで PayPayって何?





2019年10月の消費税率の引上げ及び消費税軽減税率制度の実施に向けて
経済産業省が推進する支援施策




↑経済産業省HPより



その中のキャッシュレス・消費者還元事業にPayPay(QRコード・バーコード決済サービス会社)も認定されたのだ


2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間のポイント還元事業!↓↓



↑経済産業省HPより


詳しいことは
経済産業省のHPをご参照ください


◇◆◆◇



私は1ヶ月間 いろんな場所で
PayPay♪してみたよ



ちなみに今月のPayPayはこちら↓



PayPayが使える対象スーパーは
先月よりもどーんと増えている!







先月は
SoftBankユーザー
yahoo!プレミアムユーザーは
ある限られたお店に限り20%バックだったんだ



だから私は暑い中
その時間にお買い物に出かけたよ



PayPay支払い出来るところを探しては
せっせとお買い物をした



だって一円も生み出せない
専業主婦だから



スーパー
コンビニ
東急ハンズ
LOFT
LOHACOなどのyahoo!ショップいくつかでのお店や行きつけの鍼灸院でも使えるようになった



8月5日から31日までに
PayPayで支払いしたお金の合計

57431円


そして↓これが二回アタリ



SoftBankユーザーなどの特典でのPayPay残高獲得総額が2715円




そして

今月20日には
支払った金額へのPayPayがバックされる



その金額は
9572円



給料日前の9572円!!!



57431円使っただけで
9572円が戻ってくるなんて
信じられない!!!



だって現在の銀行の普通預金の金利は
年率0.001%程度…



一年後に9572円の利息を受取るために必要な預金金額を考えると気が遠くなるよね…



でも私は
お金を使っただけで
9572円受取る予定



現在専業主婦で時々の副業での収入以外無収入の私が日々のお買い物をしただけで受取る9572円



PayPayを知らなかったら
PayPayを使ってなかったら
受取れなかった9572円



努力したのは
暑くて暑くてたまらない11時から14時の間にお買い物に行ったことくらいだ



ほんとに
お金ってよくわからない



だれか私に
教えてほしい



お金って何なの?



◇◆◆◇



私が社会人になった頃は
所謂バブル景気と言われていた頃だ



地方都市在住だったから
そこまでの浮かれようではなかったと思う



それでも
飲み会に行くためにと高いスーツやワンピースを買っていた(安いスーツなんて売っていなかった)



一人で5つも6つもいとも簡単に就職内定を取ることが出来たり



入職前の社員研修が海外なのと友だちが言っていた



今思い出してもおかしな時代だ



その時代の流れにうまく乗った父親は
会社を設立し事業主となったけれど



バブル崩壊の頃
取引先の金融機関が倒れた事によって
父の会社も傾いた



きっとお金のことを
ちゃんと考えていなかったからか



私も何も考えていなかった
真面目に働いてさえいれば
給料はどんどんあがると思っていたし
ほしい物は何でも買えると思っていた



何も考えていなかった
お金について真剣に考えていなかった



そして気が付いた
お金について
誰からも教わることがなかったことに



◇◆◆◇



キャッシュレス社会が進むにつれて
お金の姿形がどんどん見えなくなっている



貯金箱に小銭を貯めていた子どもの頃
貯金箱がいっぱいになる前に
無理矢理お金を出して使ってた



何を買おうか迷いながら
洋服ばかり買っていたお年玉



泣きながら働いて
初めてもらったお給料



子どもが成長し
長いブランクを乗り越えて社会復帰して
もらった最初のパート代



それらのお金を手にした時の
歓びは忘れない



でもこの先
お金の形が見えなくなってしまったら



「お金」の概念が消えてしまうのだろうか



お金が目に見えなくなっても
お金の有り難みを忘れずに
いることが出来るんだろうか




ふなっしー!!!
どうすればいいなっしー!!!

◇◆◆◇



だから
お金のこと勉強するなっし



BRUTUS特別編集 合本 お金の、答え。

BRUTUS特別編集 合本 お金の、答え。



楽して儲かる
そんなことは絶対にありえない



でも知ってるだけで
得することがあるのも事実



そしてときどきは
ふなっしーの言葉を思い出そう





大前提にそんなにお金がなくても
生きていけると思ってるなっしな

ほんとにね、3、4年間
自分で5万円くらいで作った小屋に住んでたことがあるなっし


いっそ
私もふなっしーみたいに
ゆるキャラになろうかな



ふなっしーの叔母として


るなっしーなっしー♪