La vie en rose

La vie en rose 魂の叫び

母であり、娘であり、ときには女だったりするアラフィフの毎日を人生を楽しむ!

音楽のこと

過ぎゆく時を想いながらジュリー色に染まったTOKIOな今日は、TOKYO2020まで200日。

2020年はTOKYOオリンピックYEAR しかも今日は開幕まであと200日 そんなNEWSばかりがなんとなく目についてTOKYOの文字につられスマホをクリック〜 するとそれはTOKYOではなく… TOKIOを歌った沢田研二の記事だった笑 ◇◆ 今からちょうど40年前 私が中学生だった…

12月のある晴れた朝に君の影を追いかけた

一週間の始まりだというのに 夜更かしのせいで寝坊した君 家を出る時間がママと同じと 珍しく二人並んで駅へと急ぐ 手を繋いで歩いたあの頃には 私よりずっと小さかった影が 何だかやけに細長くなってる 私は少しずつ君の後を追う形 たのしそうに笑って歩く…

一年という時間をどのようにして計るのか?そう自分に問うてみた

映画を観たよ ビートルズにはあまり詳しくない私だけど 何故か知らない曲は一曲だってなかったよ ビートルズ この映画から ビートルズの曲から 私のところに届いたメッセージは 愛こそがすべて そうしたら何だか 数年前に年甲斐も無くハマって観まくっていた…

わたしの青春にもうひとり。紫の不思議おじさん。

昨夜、深夜まで放送されていた WOWOWでのある特集を次男と観ていて気付いたよ あ! もう一人紫が似合うひとがいたよ! わたしの青春にもうひとりいたよ! 紫の不思議おじさん♪ 初めて彼のステージを観たのは もう30年以上も前のこと あまりの衝撃に そのあと…

不思議おじさん♪からの不思議おばさん♪

可愛いね 可愛いよ いい笑顔だね もっと笑って すごく可愛いよー 子どもの頃から今を振り返ってみても こんな風に言われた記憶はわたしには無い 織姫ですかー? 織姫でーす 彦星ですかー? ミッチーだよ 晴天の七夕の日 (本当は北海道の七夕は8月7日 苦笑)…

若さはあっちゅうま。だけど、まだ女盛り花盛り色盛り真盛り?

青い空にそよぐ風 緑の芝生と光る汗 超がつくインドアなわたしも この季節は誘われるがままに プロ野球観戦をする事がある 全天候型のドームもいいけれど 自然の風を感じられる球場は気持ち良さ格別✨ 心地良い風を肌で感じながら 若い選手たちのプレーを観な…

親愛なる君のためにできることはただひとつ

ふいに思い出した きっとこの季節だからだ ママに何かできることはある? そう言って最後に少し痩せた君をハグしたときのこと 待ってて 君のためにできること 待つこと それはわたしの大の苦手なこと それは決して簡単ではないこと 待つこと わたしが今もこ…

それは孫への遺言か。そのときわたしは、こう言われたい。

実家に帰っていたある日 わたしの母が まだ中学生の次男に何やら説いていた おばあちゃんはね 結婚する前に、絶対に同棲をした方がいいと思うんだよ だからおばあちゃんはね 君には 結婚する前には 同棲することをお勧めするよ ◇◆◇◆◇ ちょうどその頃 わたし…

嘘800 煩悩108 合計908

約2年前 105歳でこの世を去った日野原重明先生 100歳を超えても講演会にて全国を飛び回ってらした 母も講演会で握手をしてもらったと言っていた その柔らかな手は そのお人柄のように とても温かかったと 先生は、その講演会に出向いた街で小学校に立ち寄っ…