La vie en rose

La vie en rose 魂の叫び

母であり、娘であり、ときには女だったりするアラフィフの毎日を人生を楽しむ!

さよならの向こう側


ようやく眠りについた朝方、いつになくはっきりとした夢を見た


私は誰かに会いにどこかに来たみたいだ


それは知らない街


その知らない街でひとりの男の子と会って話をした


その街がどこなのかわからなかったけれど


その男の子は明日の朝早くに大分に行く、と言っている


大分?


遠いな、と思った私だけれど
そもそもそこがどこなのかもわからない


でも、その子に何か食べさせなくてはと思った


私は、食事が出来るお店を探しながら、
トイレに行っておけばよかったなぁと思った

そう思ったら目が覚めた


でも、トイレには行かずにまたウトウトした


暫くしてまた夢を見た(私は、稀に夢の続きを見ることが出来るんだ)


その男の子が何かに書いたらしい
私とご飯を食べたことを
楽しくて嬉しかったと


それを読んだある女の子が
私のところにやってきた


どうやら怒っているようだ


ワーワー何か言っている


どうやら私がその男の子とご飯を食べに行った事に嫉妬して怒っているようだ


私も何か言い返している
言い返しながら、自分の着ているものが見えた
私は、何と服を前後逆に着ていた


気付くと、隣に次男がいた
珍しく何やら難しい話をしている


私の夢には過去に1、2度しか登場したことがない夫が、少し離れたところにいてそろそろ出発するようなことを言っている


これ夢なのかな…


わけがわからなくなった(私は夢の中で、夢なのか夢じゃないのか大体わかるんだけど)


普段、家族が夢に出てくることは無いから、夢の中の私は混乱していた


出発する前に、トイレに行っておきたいなぁ


そう思ったら目が覚めた



◇◆◇◆◇



本当にトイレに行っておけば、夢の続きがわかったかもしれないね 笑


ぼーっとした頭で、つい先日鍼灸の先生に言われた事を思い出していた


朝方の起きがけに見る夢は、夢だと思ってることが多いけど、それは夢じゃないらしいよ


えー?
夢じゃないとしたら何なんだろうねーと2人で話したことを思い出していた


私がまだ幼稚園くらいの頃、何度も同じ夢を見て泣きながら目を覚ましていた、今でも絶対に忘れられないあの悲しい夢


あれは何だったんだろう
正夢ではなかった


信じられないけれど前世なのか?
そう考えたら少し納得がいった


正夢じゃなくて良かった
とても悲しい夢だったから


でも
やけにリアルだった今朝の夢は一体何を意味するのだろう?



◇◆◇◆◇



昨日 はてなさんから連絡が来るまで
ブログ開始から半年経ったことを、すっかり忘れていた


最近いろいろ思うところがあり、当初自分に課していた毎日の更新をやめてみた


ブログに依存しているような気がしたからだ


時間も盗られている


この数年、悩み苦しんでいたワードは
【依存】だったのに


私のそんな依存体質が子どもにも影響していたんだね


今日になってわかったこともある


ブログを書いてること
もしかしたらバレたかもしれない



◇◆◇◆◇



ブログを始めた時に自分に決めたルール


リアルな知り合いにバレたらやめる


そう思っていたら
義母から連絡があった


近く帰省することにした
来月からは、ある勉強も始めるところだった


たぶん、忙しくなる
私大丈夫かな




◇◆◇◆◇



私が私のために始めたブログ


たくさんの人に読んでもらえて

たくさんの人に共感してもらえて

たくさんの有り難い言葉を頂いた

コメントを読んで嬉しくて泣いた

自分で書いたのに
自分で読んで泣くこともあったよ



いろんな映画や
いろんな本を教えてもらった


それはどれも今の私に必要なものだった


本当にありがとう



私の心の叫びが、誰かに受け止めてもらって癒されていくのがわかった


そして私が今やらなくてはいけないことに気付く事も出来た


仕事をやめたあと、自分に何か出来ることがあるんじゃないか?


何かもっと特別なことをやらなくてはいけないのでは?


そう焦っていたけれどそれは少し違っていた


それは大げさなことではない


私の近くにあり

私の手の中にあり

もうすでに私が持っていること


生きがい、あるでしょ私
これ以上、私は何を望むというの




あー楽しかった


もしかしたら
今後、時間と心に余裕ができたら
またひっそりと叫ぶかも
(多分、叫ばずにはいられないから)


その時はまたよろしくお願いします


それと皆さまのところには
ひっそりとお邪魔すると思うので
気配を感じていただければ嬉しいです


きっと、わかる方はわかると思います


では ふなっしーと共に
しばしのお別れを


最後に

本当は、お一人お一人と握手をしてハグをして御礼を言いたいのですが、難しいので…


♬ふなっしーを床に置いて歌います♬



Thank you for your kindness

Thank you for your tenderness

Thank you for your smile

Thank you for your love


Thank you for your everything


さよならのかわりに (by 山口百恵)


赤い宇宙の月の年
太陽の月
私の神秘の四つ組の日


KIN 157
赤い磁気の宇宙の日に

愛と感謝をこめて

皆さまも薔薇色の人生を
La vie en rose

luna & ふなっしー


いい夢見させてもらったよ
アバよ!

(最後までお笑いかよっ!)